「高砂淳二写真展」にYoshii9 & Jupity301を提供!

2012年11月29日〜12月14日の間東京・新宿東口駅前のコニカミノルタプラザで開催される「高砂淳二写真展 〜 そら色の夢」にT-Loopのデモ機であるTIMEDOMAIN Yoshii9ホワイトカラーモデルBauXar Jupity301を提供。高砂淳二さんの写真とジョー奥田さんの自然音とのコラボレーションをタイムドメインスピーカーの音空間で実現することとなりました。

今回の話は、以前からお世話になっていたジョー奥田さんから声を掛けていただき、ジョー奥田さんの音響プロデュースに応える形で実現しました。また、ボザール社栗田氏も快くご協力くださり「Jupity 301」のデモ機をご提供いただいて、写真展のBGMと映像音声の2系統、合計4組のタイムドメインスピーカーでお聴きいただくこととしました。

会場の下見&打ち合わせで必要機材を準備。奥行のある会場を渡る配線や出入口を渡す壁上配線分を見積もると結構な長さとなりました。しかも、Yoshii9用スピーカーケーブル、Jupity301用ステレオミニケーブル、Jupity301用RCAケーブルの3種類で配置変更に対して流用が効きません。一番長いパターンを考えて準備し、設置の日へと備えました。

設営当日は、前回の企画展が終了し、撤収が終ってからの設営作業となります。集合時間自体がすでに午後6時という設定。
実際に会場へ行くと、予想以上に写真点数が多く、スピーカーを置く間もないほど写真が並んでいました。ひとまずプロジェクターおよび写真の設置作業を待って、落ち着いたところからスピーカー設置&配線作業となりました。

スピーカーの配置を確認してから、必要な配線を敷設していきます。ジョー奥田さん自らも作業をお手伝いいただき、また会場にも配線レールが合ったことがもあって着々と作業が進みました。

そして、まずは一部屋完成!

奥にJupity 301、手前にYohsii9のホワイトモデルを配置しました。音出しも問題なし。あまり高くなく、かつ上階の床が見える様な天井で、一組では音が広がり切りませんでしたが、2組のタイムドメインスピーカーを使うことで、部屋の端でも中央でも、どこへ立っても広がりのある音が聴こえるようになりました。

そして、ただの無指向性スピーカーとは違い、タイムドメインらしいクリアな音が適度な音量で広がるので、なかなか快適な音空間となりました。

プロジェクターの方は、プロジェクター側にYoshii9、手前側の両サイドにJupity301を配置。こちらは、映像に重心を置いて、手前は補助的に鳴らします。それぞれの音量バランスは、ジョー奥田さんにお任せしました。

プロジェクターの方は調整でトラブルがあったようで、こちらの配線作業が完了しても、なお調整や機材交換作業が続いていました。

作業自体は終ったのですが、ここで場所を借りてちょっと実験!

別途持ってきた「mini E type Premium」を作業の終った部屋に置いて、会場で使用する音源を鳴らしてみました。

流石に奥行約15mの部屋全体を満たす程ではありませんが、前向きスピーカーと純度の高い音が効いたのか、部屋の奥行7割位までを1組のmini E type Premiumで満たせることが確認できました。
しかも前を向いたスピーカーなので、音像が上下にもくっきり立ち上がり立体音空間を再現。コニカミノルタプラザの方に聴いていただいたら、「とても1組で鳴っているとは思えない」と、その広がり&明瞭な音像定位に驚かれていました。

このような場所で鳴らすことがなかなかできないので、とても有り難い経験となりました。

さて、プロジェクターの調整も無事終わり、片付けも完了して設営作業完了。既に午後10時を回っていましたが、皆で夕食へ。

仕事の後のビールは格別ですね。
美味しい料理に皆それぞれのマニアックな話に盛り上がり、あっという間の楽しい時間でした。そして、ジョーさんのCDなどを聴かせて熟成したという奄美大島の焼酎「れんと」もいただきました。なかなかまろやかで美味しい!

さて、開幕日。

それほど問題はないものの、念のため開場前にスタンバイし、最終確認とスピーカーの場所や配線の手直しを行って無事開場となりました。

無事開場でほっとしたジョーさんがYoshii9ホワイトモデルと記念写真をパチり。

映像は高砂さんがインターバル撮影したものに、ジョーさんが音を入れました。これがもうピッタリはまって、映像の現場に居るかのように見入ってしまいます。

そして、高砂さんとジョーさんのツーショット。

本当に貴重な経験をさせていただき、お二人とコニカミノルタプラザの方々には感謝感謝です。

さて、「高砂淳二写真展」は、11/29(木)から12/14(金)の16日間開催されています。
是非、高砂淳二さんの絶景写真 × ジョー奥田さんの自然音 × タイムドメインスピーカーの音による音空間をご体験ください。

Yoshii9の音を聴いてみたい、ホワイトモデルを見てみたい、という方も新宿駅東口ロータリーの前ですから、足をお運びください。入場は無料です。

「百文は一聴にしかず」です。

「高砂淳二写真展 〜 そら色の夢」
日時:2012年11月29日〜12月14日 10:30〜19:00
場所:コニカミノルタプラザ(新宿駅東口 新宿高野ビル4階)
アクセス: http://www.konicaminolta.jp/plaza/access/
入場:無料

12/1と12/8には高砂淳二さんのトークショーもあります。

なお、「TIMEDOMAIN Yoshii9」や「BauXar Jupity301」をじっくり試聴したい方はT-Loop試聴室をご利用ください。お問い合わせは、こちらのフォームから。
また、TIMEDOMAIN Yoshii9ご購入をご希望の方は、こちらからどうぞ。
BauXar Jupity301ご購入をご希望の方は、こちらから。