Retro STEREO 50のある部屋!〜その3

2015年12月から取り扱いを始めたiFi-Audio Retro STEREO 50

iFi-Audio Retro STEREO 50使い始めて気付いた発見をまとめてみました。

DSDが生きる真空管アンプ!

iFi-Audio Retro STEREO 50に内蔵のDSD DAC。

最先端のハイレゾであるDSD音源と真空管アンプという組み合わせは、一見両極端の様に思います。

ところが、DSD128(5.6MHz)以上で顕著になる微細な余韻や空気感は、ハイスピード・ハイレスポンスの真空管だからこそ、再現できる部分があるという感想です。

また、真空管アンプは、単に高解像というだけでなく、何か優しい温か味が加わることで、耳に優しい超高解像音がさらに心地よく感じます。

例えば、SuaraさんのDSD128音源「Suara at 求道会館」では、心地よい歌声に加え、ピアノや歌声が響く築100年の洋館の空気感が、自室をなんとも居心地のよい部屋にしてくれます。

また、土曜の夕方は、丈青さんのDSD256音源「I See You While Playing The Piano」では、青山スパイラルホールで、自分のためだけに弾いてくれているかのような贅沢な音空間が楽しめると思います。

さらに、最近始まったDSD5.6MHzストリーミング配信PrimeSeatのOTTAVA生放送では、ダイナミックレンジの広いクラシック音源のラジオ放送を手軽に楽しめるようになりました。

iFi-Audio Retro STEREO 50+タイムドメインスピーカーで味わえる贅沢な音空間で、毎日の生活空間を豊かな音で過ごしてみてはいかがでしょうか?!

進化したBluetoothによる無線接続再生!

数年前のBlueToothオーディオ規格は、電話通話品質を拡張した程度の音質!

その圧縮による劣化した音は、タイムドメインスピーカーでは聴くに耐えないものでした。

しかし、その後ヘッドホンやポータブルプレーヤー市場の拡大により、より高音質の無線接続ニーズが増え、高音質の圧縮規格対応機器が増えてきました。

iFi-Audio Retro STEREO 50は、高音質のBluetooth無線接続にも対応しているので、iPhone5Sでいろいろと試してみました。

結果、今のところ特に気になる劣化は見つからない状態。
これなら、全く実用になりますね。

iPhone/iPadを無線接続の真空管アンプで聴く生活!

音量のリモコンもついているので、思いのほか快適です。

次期iPhoneでは、ヘッドホン端子が省かれるとの噂もありますが、Bluetooth接続対応なら、しばらくは安心ですね。

タイムドメインスピーカーやRetro STEREO 50の試聴については、随時受け付けております。各スピーカーの違いをじっくりお聴きになりたい方は、下記ページのフォームからお問い合わせください。

T-Loop試聴室ページ