ノイズフィルター「iPurifier DC」試聴記

2016年2月13日に発売されて、大反響となっているノイズフィルター「iFi-Audio iPurifier DC」および「iFi-Audio iPurifier2」を緊急試聴してきましたので、試聴記としてまとめました。

「iFi-Audio iPurifier DC」は、DC電源のノイズを低減するフィルターです。

軍事分野の技術を応用したActive Noise Cancellation®(ANC®)を用い、電源側のノイズを解析して逆相のノイズを加えて相殺することで、電源ノイズを劇的に低減するものとなっています。

主にスイッチング式ACアダプターのノイズを主眼にした製品ですが、トランス式ACアダプターであっても、コンセント由来のノイズを含めて低減する効果があります。

そこで、Tuned by T-Loopの中では一番敏感なTIMEDOMAIN light Atype Premiumで、その実力の程を試聴してきました。

今回“HIGH RESOLUTION FESTIVAL”のiFi-Audioブースの一角をお借りしての試聴でしたが、いわゆるヘッドホンイベントのような大勢の雑踏ではなく、小規模なイベントだったため、意外とじっくり試聴することができました。

まずは、light AtypeにiPurifier DCを接続した場合と、フィルター無しの比較試聴。
iPurifier DC有りを聴いてから無しにすると、全体的にざわざわして音の角が痛く感じます。
これはiPurifier DCにより、無音が静かになっているということと思われます。無音が静かになると、音源の音のコントラストがよりはっきりし、かつより細かい表現まで聴こえて、耳に痛い音が減ってきます。いわゆる本筋で解像度が上がったときに出る傾向ですね。
周りは他社のブースに囲まれていますから、きっと電源には盛大なノイズが入っているのでしょう。そして、決して静かとは言えない場所でしたが、一聴で解る差には驚きました。

次に、light Atype Premiumに標準装備のファインメットDCフィルターと比べてどんなものか、聴き比べてみました。

iPurifier DCを接続した場合を聴いてから、ファインメットDCフィルターのみを聴くと、あのAtypeの音が若干ボケて聴こえる感じです。

ファインメットDCフィルターは、電源ノイズに対して一定のノイズ低減効果があるわけですが、iPurifier DCはノイズを解析し、積極的にノイズ相殺を行っているので、やはり効果幅は大きくなるようです。

では、両方使ったらどうなるか?

ACアダプター→iPurifier DC→ファインメットDCファルター→light Atypeの順でつないで聴いてみると、iPurifier DCよりさらに僅かにピュアになりますね。
iPurifier DCとファインメットDCフィルターでは、違う部分でノイズ低減をしているようです。

さらに、iFi-Audio製品の国内サポートをしているENZO J-Fi LLC.技術担当者のアドバイスで、ファインメットフィルターを上流に移動!
ACアダプター→ファインメットDCファルター→iPurifier DC→light Atypeの順でつないで聴いてみると。。。

いや〜〜、ぶっちぎりでした〜。
iPurifier DCは、上流のノイズに対してのみ利くとのことでしたが、ファインメットフィルターで予めノイズを低減してやることで、より有効に仕事ができるようです。
さらに、ファインメットフィルターは特に上流・下流に関係なく利くため、iPurifier DC自体に起因するノイズも低減しているようです。

iPurifier DC有効性が検証でき、T-Loopでも是非紹介したい「iFi-Audio iPurifier DC」ですが、残念ながらlightやmini、Marty101、Jupity301のDCプラグとは形状が違うため、そのままでは使うことができません。

そこで、T-LoopオリジナルのDCプラグ変換ケーブルを用意し、変換コード(前後2本)とのセット(AセットまたはBセット)での販売と致します。購入希望の方は、こちらからお申し込みください。また、Yoshii9用ユーザー向けにファインメットフィルター付きコードのCセットもご用意しております。

さて、もうひとつUSB信号のノイズを低減する「iFi-Audio iPurifier2」も試聴してきました。

「iFi-Audio iPurifier2」も「iFi-Audio iPurifier DC」同様のレーダー技術を応用したノイズ相殺効果と、時間軸のブレを低減するリクロック機能を搭載し、USB由来の音質劣化を低減する製品となっています。
こちらは、ヘッドホンによる試聴となりましたが、やはり無音が静かになり、音のコントラストが良くなる「高解像度化」傾向を感じることができました。

こちらは、USBのB typeコネクタに接続する形なので、弊社取り扱いの「a href=”http://www.kunitachi.co.jp/t-loop/act1_sp16.html” target=”_blank”>iFi-Audio micro iDAC2」には、そのまま差して使うことができます。
また、「a href=”http://www.kunitachi.co.jp/t-loop/act1_sp16.html” target=”_blank”>iFi-Audio micro iDSD」はコネクタ形状が異なりますが、変換ケーブルがmicro iDSDに標準添付されていますので、写真のように変換ケーブルを介して使うことが可能です。

購入希望の方は、こちらからお申し込みください。

なお、両製品共に輸入品で国内在庫有りの状態となっていますが、場合によっては国内在庫切れでお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。