「iPurifier2 & IPurifier DC」総合比較レビュー

2016年2月13日に発売されたノイズフィルター「iFi-Audio iPurifier DC」&「iFi-Audio iPurifier 2」。

大反響で、興味津々の方も多いと思います。

そのiPurifier2 & iPurifier DCに惹かれ、先日DACマイスターのM氏がT-Loop試聴室に来てくださり、iPurifierオフ会となりました。

M氏は、TIMEDOMAIN light、mini E type、Yoshii 9 TUNEUPのオーナーであり、そのタイムドメインスピーカーとNOSDACの相性の良さを最初に紹介いただいた師匠のような方です。devilsound DACを始め、世界中のサイトから数々の機器を発掘し、紹介いただいてきました。
今回はささやかな恩返しで、こちらからニューアイテムを紹介する形となりました。

まずは、一番敏感なTIMEDOMAIN light Atype Premiumを2台使って、iPurifier DCの効果を聴き比べていただきました。

2台のlight A type Premiumを同じ電源タップに接続し、入力を切替器で切り替えながら、試聴していきます。

その音の違いを聴いて出たM氏のコメントは!

「なんということでしょう!(笑)」

「こ、こりゃすげー!あまりに質感が変わるので、DACが変わったのかと思うほど。」
「DCフィルター(iPurifier DC+ファインメット)の有無だけなのに、これまで殻泣きかと思われていたような雑味がスパッと消えて、滑らか静寂に。それでいて、音の立ち上がりはよりクッキリ、わかりやすくなる。ボーカルはより人間味が出て、息づかいも表情も浮かび上がるよう。」
「フィルター系にありがちな弊害は…見当たりませんね。」

すでに、ご購入いただいた他のタイムドメインユーザーからも、その効果に驚きの声をいただいておりますが、師匠からも同様のリアクションをいただき、喜びひとしおです。

そして、これまで感じてきたことが、間違いではなかったと、改めて確信した次第です。

さて、次にUSB用のノイズフィルタ「iFi-Audio iPurifier2」の聴き比べです。

スピーカーは、大理石製インシュレーター付きのYoshii 9 Premiumを使って、iPurifier 2やiPurifier DCの効果を試しました。

まずは、素のDACから。今回M氏が持ち込んだのは、SoundBlasterの極シンプルなDAC。DACチップの素性もよくわかりませんが、シンプル過ぎてデジタルフィルターはそもそも入っていないようです。実際、聴いた音や測定値からするとNOSDACであることは確かなようです。

その音は、NOSDACらしいクリアで、タイムドメインスピーカーで聴くと、「これでもいいや!」と思える感じでした。

ここで終わっては身もふたもないので、早速iPurifier 2を付けて比較試聴しました。

iPurifier 2の効果について、M氏曰く。

「こいつは…。ノーマルlightとTuned light、mp3とwavぐらい違います(笑)」
「iPurifier 2をDACに付けた場合も、改善の方向性はDCフィルターと同じ。えっ、この雑味って電源のせいだったの!?と、吃驚仰天、想定外の改善幅!」

しかし、ここから先がM氏のDACマイスターたる由縁。

さらに、DACの電池駆動を試してみました。

電池は、これもM氏の膨大な自腹テスト結果から導き出された「エナジャイザー充電池」。
これを4本で、約4.8VのUSB電源としています。

電源を電池に切り替えると、かの格安DACの音もより力強くなる傾向。

そして、この電池の下流にiPurifier DCを入れてみると。。。

なんと、滑らかな音に!

iPurifier DC+電池の効果について、M氏曰く。

「エナジャイザーにフィルターを通した音は、本当に滑らかで耳障りが良く、ずっと聞いていたくなりました。」とのこと。

電池にもノイズ要素があるんですね。そして、コンセントよりは小さいであろう電池のノイズに対し、iFi-Audio iPurifier DCは、さらにきっちり仕事をしているようです!

それではと、iPurifier 2とiPurifierDC+電池駆動にしてみました。

iPurifier 2の電源線にはiPurifierDC相当のフィルターが入っていますので、この状態は電池電源に対してiPurifierDCを2回通した状態となります。

その音は、元々iPurifier2だけでも無音が静かで音粒のコントラストが上がっているのですが、その音粒の質が実に滑らかになり、アナログよりもアナログ的な滑らかさと繊細さを感じるようになりました。

また、高解像化で痩せ気味だった音が、パワフルになり、音粒の周りに聴こえて来るようになる微弱な余韻もより量が増えて、少しリッチな音にも感じます。

さらにもう一つ。

iPurifier DC+電池を、iPurifier2の下流に移動したパターンです。
(この飽くなき追求が師匠の強みなんでしょうね。)

この状態は、iPurifier 2の信号線のみと、電池+iPurifier DCによる電源の音を聴いていることになります。
さて、実際に聴いてみると、これがまた結構変わりました。

パワフル感は減って、ひたすら滑らかで繊細な音となりました。

これは、どちらがよいか意見が分かれるところで、音源や好みかもしれません。

いずれにしろ、最後の2パターンは、他の組み合わせを遥かに越えたところでの微妙な差ですので、どちらでも幸せな気分にはなれることでしょう。

比較試聴してのM氏の感想を訊くと、

「変に力が増したり、どこかの帯域がきわ立ったりするタイプのフィルターではなかったです。」
「生音にあるような、弾く前に音が見える感じが、スピーカーでも再現されるのが驚きでした。44.1kHz/16bitの限界はまだまだ先にありますね。」

音については、豊富な実験体験を基にいつも忌憚の無い意見をズバズバおっしゃるDACマイスターですが、iPurifier 2とiPurifier DCについては、ご満足いただけたようでした。

さて「iFi-Audio iPurifier 2」「iFi-Audio iPurifier DC」を試聴してみたい方はT-Loop試聴室をご利用ください。お問い合わせは、こちらのフォームから。
タイムドメインスピーカー各種で試聴できます。

また、詳細や購入希望の方は、「iFi-Audio iPurifier DC」「iFi-Audio iPurifier 2」のページをご覧ください。

USB用ノイズフィルター「iPurifier2」試聴記

2016年2月13日に発売されたノイズフィルター「iFi-Audio iPurifier DC」は、予想以上の大好評。効果を実感するメールがかつてない割合でいただいております。
さらに、実際に使ってみて、早速2個目、3個目という方も、複数いらっしゃいます。
そして、もうひとつ、USB用のノイズフィルタ「iFi-Audio iPurifier2」がT-Loop試聴室に入荷しましたので、その効果の程を試聴記としてまとめました。

「iFi-Audio iPurifier 2」は、USBの電源ノイズを低減すると共に、USB信号を再生成してタイミングを整えるフィルターです。実は、こちらの製品が元で、電源フィルター機能のみを搭載したのが「iFi-Audio iPurifier DC」となります。

USB電源線については「iPurifier DC」と同様に、軍事分野の技術を応用したActive Noise Cancellation®(ANC®)を用い、電源側のノイズを解析して逆相のノイズを加えて相殺することで、電源ノイズを劇的に低減するものとなっています。

USB信号線に関しては、「REclock®」「REbalance®」「REgenerate®」の技術で、入力信号を改めて生成し、ジッターや波形を整えてDAC側へ出力しています。

その「iFi-Audio iPurifier 2」をTuned by T-Loopの中では一番敏感なTIMEDOMAIN light Atype Premiumを試聴してみました。

まずは、久々に登場の「devilsaoundDAC」にて、フィルターの有無を比較。
iPurifier2の有りを聴いてから無しにすると、音のピントがボケた感じ。音粒自体も少し痛い音で奥行きが狭くなったように感じます。
これはiPurifier DCの印象とも重なる部分がありますが、light A type PremiumにはiPurifier DCを使っていない状態での試聴ですので、USB DACを改善するただけ、これだけの効果があるということです。

もう一つmini Etype Premiumでも試聴してみました。mini E typeの方が上下の定位がわかりやすいのですが、iPurifier2有りの方が上下の定位範囲が広くなっています。
こうして聴くと、devilsound DACってこんな音だったっけ?と、素の印象を思い出せなくなってくるのが、この手の試聴のこわいところです。

次に、iFi-Audio micro iDSDにiPurifier2を接続して試聴してみました。

micro iDSDはもちろん弊社オリジナルのmicro iDSD用インシュレーターが前提となります。

この弊社標準状態を聴いた後に、iPurifier2を接続して同じ音源を聴くと、やはり音粒が明確になり、音場も広がります。

特に、極弱い余韻の量がやたらに増えて、今まで無音と思っていた音粒の間にも、こんなに音が残っていたかという感じです。

その変化の度合いは、devilsound DACよりmicro iDSDの方が明らか大きい印象。

入力信号の質(上流)が向上したときに、DACチップのAnalog Devices AD1865と、BurrBrownのチップの能力(限界点)の差が出たような気がしています。

さて、ではスピーカー側に「iFi-Audio iPurifier DC」を併用すると、どうなるのか??

light A type Premiumとmini E type Premiumで、それぞれiPurifier DC有り状態での、iPurifier2の有無を聴き比べてみました。

ほっ、ほぉ〜、これは、これは!

変化幅がどんと広がりますね〜〜。

はやり、まずは「iFi-Audio iPurifier DC」が必須アイテムのようです。そして、さらにdevilsound DACの持てる力を絞り出したければ、「iFi-Audio iPurifier 2」の併用をお勧めする次第です。44.1/48kHzのCD/DVD音源をとことん追求するならば、しばらくは楽しめるようになるのではないかと思います。

一方、絶対値としての音質のピュアさを追求するならば、iFi-Audio micro iDSD(またはmicro iDAC2) + iPurifier 2がお勧めとなります。
micro iDSD(またはiDAC2)+インシュレーターなら、devilsound DAC相当以上のNOSDACを楽しめつつ、DSDストリーミングや本物ハイレゾ収録音源が楽しめるでしょう。
(くれぐれも偽ハイレゾ音源を掴まないよう、ご注意下さい。)

有効性が検証でき、T-Loopでも是非紹介したい「iFi-Audio iPurifier 2」ですが、コネクタ形状はUSB Btype用となっているため、devilsound DACやmicro iDSDで使用するときは、変換アダプタが必要になります。

そこで、T-Loopとしては必要な変換ケーブルとのセットでの販売と致します。購入希望の方は、こちらからお申し込みください。

なお、「iFi-Audio iPurifier 2」は輸入品となっており、国内在庫切れの場合はお待ちいただくことがあります。現状では人気による在庫不足も解消しつつあり、在庫が無い場合でもご注文いただいてから数日以内で入荷する予定です。

「iFi-Audio iPurifier 2」「iFi-Audio iPurifier DC」を試聴したい方はT-Loop試聴室をご利用ください。お問い合わせは、こちらのフォームから。
タイムドメインスピーカー各種で試聴できます。

「モーシン・アリ・カーン来日公演 in スペースMURO」!

2016年4月2日、東京・大塚の「 スペースMURO」にて、インド声楽の若きホープであるモーシン・アリ・カーンさんの来日公演が、シタールの奏者 ヨシダダイキチさんと、タブラの奏者指原一登さんの演奏で行われました。

スペースMUROは、和紙製品を通して日本文化を発信している (株)マスミ東京さんが運営しているイベントスペースです。会場の壁にも和紙が使われ、とても趣のある会場となっています。

今回のライブでは、ボーカル&シタール&タブラのPAとして、midTower T-Loop Editionを2組と、エフェクターとしてBOSE L1 portable line array systemという構成です。基本的に2組のmidTowerでクリアさ&音量を稼ぎ、演出として不足する部分をL1で補う形としました。また、今回はタブラの音とシタールのハイスピードを両立すべく、midTower特別チューン仕様+大理石インシュレーターを使用しています。アンプはMcAudi M602を使用しつつ、YA-1に近い高精細さと共にタブラの量感を実現しています。

事前のテストをしているので、セッティングはスムーズに終わり、リハーサルでのテストもほぼ狙い通りとなりました。

さて、一息つく間もなく、第一部ワークショップの開場時間となりました。

モーシン・アリ・カーンさんのレクチャーを指原一登さんが通訳・意訳する形で、インド音楽のドレミから基本リズムパターンなどを解説。皆さん熱心に聴き入り、一緒に発声していました。

皆さんの飲み込みが良かったようでワークショップは盛り上がり、アッと言う間の1時間半でした。

第2部は、モーシン・アリ・カーンさんとヨシダダイキチさんのシタール、指原一登さんのタブラでのライブです。

2部のお客さんもたくさん入り、熱気溢れるなかライブが始まりました。

インド音楽は1つが長いので、2つでもう1時間半。モーシンさんの歌声に聴き入っているうちに終わってしまいました。

今回の狙いであったmidTower T-Loop EditionによるPAは、ボーカルもシタールもタブラも、それぞれの演奏者の位置から聴こえてきて、スピーカーの存在感はほぼ0となり、かなり理想的な音響システムを実現することができました。シタールに至っては、ほぼ弦を弾く手元位置に定位し、生音が大きくなって会場の隅々まで聴こえている感じで、観客を一層引きつけていたようです。

タブラも叩くインパクトはほぼ太鼓の位置でした。低音の伸び部分だけ、若干後ろよりとなり、下から出ているような定位となりました。これは、エフェクターの音で、少し音が後ろに引っ張られているようでした。この辺は、どこを落としどころにするか、試行錯誤が必要なようです。

もう一つ今回のトライしたのが、DSD収録です。

新たにKORG フォノ入力対応 1bit USB DSコンバータ DS-DAC-10Rを導入し、MacBookPro+AudioGate4でDSD5.6MHz収録を行いました。

マイクは、エノキダケマイクを使用。実際には、SONY リニアPCMレコーダー PCM-D50にエノキダケマイクを外部マイクとしてつなぎ、レベル調整をしたLINEOUTをDS-DAC-10Rで録音する形となっています。折角ICレコーダーを使っていますから、ICレコーダーでも96kHz/24bitのハイレゾ録音を行い、DSD5.6MHz/1bitとの音質比べができるダブル収録を行いました。

何しろ、マイク系が同一ですから、録音形式の違いが如実にわかるわけです。

さて、その結果は如何に。。。

DSD5.6MHz録音とPCM96kHz録音の同じ部分を聴き比べてみると、はやりDSD録音の方が空間表現や音の表現が一枚上手という結果となりました。
さらにそれぞれからPCM48kHz/16bitに落としたものを聴き比べてみると、DSD録音の方がより豊かな情報量が残る傾向でした。最終的にCDとして使う場合でも、DSD5.6MHzで録音しておくことに有効性があるようで、上質な音作りの一つの手法になるのではないでしょうか。

DSD録音も経験を積んで、ノウハウを貯めたいと思います。

今回PAとして使われた「midTower T-Loop Edition」を試聴したい方はT-Loop試聴室をご利用ください。お問い合わせは、こちらのフォームから。

背の低いmidTowerは、天井の低い部屋でも十分に音が行き渡るのが良いところ。
また、持ち運びも小さいので、PAとしての活用範囲はだいぶ広くなりそうです。
PAの音を聴きに行くようなライブ/コンサートに疑問をお持ちの方は是非一度、midTower T-Loop Editionの音をお試しください。

なお、midTower T-Loop Editionご購入をご希望の方は、こちらからどうぞ。