USB用ノイズフィルター「iPurifier2」試聴記

2016年2月13日に発売されたノイズフィルター「iFi-Audio iPurifier DC」は、予想以上の大好評。効果を実感するメールがかつてない割合でいただいております。
さらに、実際に使ってみて、早速2個目、3個目という方も、複数いらっしゃいます。
そして、もうひとつ、USB用のノイズフィルタ「iFi-Audio iPurifier2」がT-Loop試聴室に入荷しましたので、その効果の程を試聴記としてまとめました。

「iFi-Audio iPurifier 2」は、USBの電源ノイズを低減すると共に、USB信号を再生成してタイミングを整えるフィルターです。実は、こちらの製品が元で、電源フィルター機能のみを搭載したのが「iFi-Audio iPurifier DC」となります。

USB電源線については「iPurifier DC」と同様に、軍事分野の技術を応用したActive Noise Cancellation®(ANC®)を用い、電源側のノイズを解析して逆相のノイズを加えて相殺することで、電源ノイズを劇的に低減するものとなっています。

USB信号線に関しては、「REclock®」「REbalance®」「REgenerate®」の技術で、入力信号を改めて生成し、ジッターや波形を整えてDAC側へ出力しています。

その「iFi-Audio iPurifier 2」をTuned by T-Loopの中では一番敏感なTIMEDOMAIN light Atype Premiumを試聴してみました。

まずは、久々に登場の「devilsaoundDAC」にて、フィルターの有無を比較。
iPurifier2の有りを聴いてから無しにすると、音のピントがボケた感じ。音粒自体も少し痛い音で奥行きが狭くなったように感じます。
これはiPurifier DCの印象とも重なる部分がありますが、light A type PremiumにはiPurifier DCを使っていない状態での試聴ですので、USB DACを改善するただけ、これだけの効果があるということです。

もう一つmini Etype Premiumでも試聴してみました。mini E typeの方が上下の定位がわかりやすいのですが、iPurifier2有りの方が上下の定位範囲が広くなっています。
こうして聴くと、devilsound DACってこんな音だったっけ?と、素の印象を思い出せなくなってくるのが、この手の試聴のこわいところです。

次に、iFi-Audio micro iDSDにiPurifier2を接続して試聴してみました。

micro iDSDはもちろん弊社オリジナルのmicro iDSD用インシュレーターが前提となります。

この弊社標準状態を聴いた後に、iPurifier2を接続して同じ音源を聴くと、やはり音粒が明確になり、音場も広がります。

特に、極弱い余韻の量がやたらに増えて、今まで無音と思っていた音粒の間にも、こんなに音が残っていたかという感じです。

その変化の度合いは、devilsound DACよりmicro iDSDの方が明らか大きい印象。

入力信号の質(上流)が向上したときに、DACチップのAnalog Devices AD1865と、BurrBrownのチップの能力(限界点)の差が出たような気がしています。

さて、ではスピーカー側に「iFi-Audio iPurifier DC」を併用すると、どうなるのか??

light A type Premiumとmini E type Premiumで、それぞれiPurifier DC有り状態での、iPurifier2の有無を聴き比べてみました。

ほっ、ほぉ〜、これは、これは!

変化幅がどんと広がりますね〜〜。

はやり、まずは「iFi-Audio iPurifier DC」が必須アイテムのようです。そして、さらにdevilsound DACの持てる力を絞り出したければ、「iFi-Audio iPurifier 2」の併用をお勧めする次第です。44.1/48kHzのCD/DVD音源をとことん追求するならば、しばらくは楽しめるようになるのではないかと思います。

一方、絶対値としての音質のピュアさを追求するならば、iFi-Audio micro iDSD(またはmicro iDAC2) + iPurifier 2がお勧めとなります。
micro iDSD(またはiDAC2)+インシュレーターなら、devilsound DAC相当以上のNOSDACを楽しめつつ、DSDストリーミングや本物ハイレゾ収録音源が楽しめるでしょう。
(くれぐれも偽ハイレゾ音源を掴まないよう、ご注意下さい。)

有効性が検証でき、T-Loopでも是非紹介したい「iFi-Audio iPurifier 2」ですが、コネクタ形状はUSB Btype用となっているため、devilsound DACやmicro iDSDで使用するときは、変換アダプタが必要になります。

そこで、T-Loopとしては必要な変換ケーブルとのセットでの販売と致します。購入希望の方は、こちらからお申し込みください。

なお、「iFi-Audio iPurifier 2」は輸入品となっており、国内在庫切れの場合はお待ちいただくことがあります。現状では人気による在庫不足も解消しつつあり、在庫が無い場合でもご注文いただいてから数日以内で入荷する予定です。

「iFi-Audio iPurifier 2」「iFi-Audio iPurifier DC」を試聴したい方はT-Loop試聴室をご利用ください。お問い合わせは、こちらのフォームから。
タイムドメインスピーカー各種で試聴できます。