「iPurifier2 & IPurifier DC」総合比較レビュー

2016年2月13日に発売されたノイズフィルター「iFi-Audio iPurifier DC」&「iFi-Audio iPurifier 2」。

大反響で、興味津々の方も多いと思います。

そのiPurifier2 & iPurifier DCに惹かれ、先日DACマイスターのM氏がT-Loop試聴室に来てくださり、iPurifierオフ会となりました。

M氏は、TIMEDOMAIN light、mini E type、Yoshii 9 TUNEUPのオーナーであり、そのタイムドメインスピーカーとNOSDACの相性の良さを最初に紹介いただいた師匠のような方です。devilsound DACを始め、世界中のサイトから数々の機器を発掘し、紹介いただいてきました。
今回はささやかな恩返しで、こちらからニューアイテムを紹介する形となりました。

まずは、一番敏感なTIMEDOMAIN light Atype Premiumを2台使って、iPurifier DCの効果を聴き比べていただきました。

2台のlight A type Premiumを同じ電源タップに接続し、入力を切替器で切り替えながら、試聴していきます。

その音の違いを聴いて出たM氏のコメントは!

「なんということでしょう!(笑)」

「こ、こりゃすげー!あまりに質感が変わるので、DACが変わったのかと思うほど。」
「DCフィルター(iPurifier DC+ファインメット)の有無だけなのに、これまで殻泣きかと思われていたような雑味がスパッと消えて、滑らか静寂に。それでいて、音の立ち上がりはよりクッキリ、わかりやすくなる。ボーカルはより人間味が出て、息づかいも表情も浮かび上がるよう。」
「フィルター系にありがちな弊害は…見当たりませんね。」

すでに、ご購入いただいた他のタイムドメインユーザーからも、その効果に驚きの声をいただいておりますが、師匠からも同様のリアクションをいただき、喜びひとしおです。

そして、これまで感じてきたことが、間違いではなかったと、改めて確信した次第です。

さて、次にUSB用のノイズフィルタ「iFi-Audio iPurifier2」の聴き比べです。

スピーカーは、大理石製インシュレーター付きのYoshii 9 Premiumを使って、iPurifier 2やiPurifier DCの効果を試しました。

まずは、素のDACから。今回M氏が持ち込んだのは、SoundBlasterの極シンプルなDAC。DACチップの素性もよくわかりませんが、シンプル過ぎてデジタルフィルターはそもそも入っていないようです。実際、聴いた音や測定値からするとNOSDACであることは確かなようです。

その音は、NOSDACらしいクリアで、タイムドメインスピーカーで聴くと、「これでもいいや!」と思える感じでした。

ここで終わっては身もふたもないので、早速iPurifier 2を付けて比較試聴しました。

iPurifier 2の効果について、M氏曰く。

「こいつは…。ノーマルlightとTuned light、mp3とwavぐらい違います(笑)」
「iPurifier 2をDACに付けた場合も、改善の方向性はDCフィルターと同じ。えっ、この雑味って電源のせいだったの!?と、吃驚仰天、想定外の改善幅!」

しかし、ここから先がM氏のDACマイスターたる由縁。

さらに、DACの電池駆動を試してみました。

電池は、これもM氏の膨大な自腹テスト結果から導き出された「エナジャイザー充電池」。
これを4本で、約4.8VのUSB電源としています。

電源を電池に切り替えると、かの格安DACの音もより力強くなる傾向。

そして、この電池の下流にiPurifier DCを入れてみると。。。

なんと、滑らかな音に!

iPurifier DC+電池の効果について、M氏曰く。

「エナジャイザーにフィルターを通した音は、本当に滑らかで耳障りが良く、ずっと聞いていたくなりました。」とのこと。

電池にもノイズ要素があるんですね。そして、コンセントよりは小さいであろう電池のノイズに対し、iFi-Audio iPurifier DCは、さらにきっちり仕事をしているようです!

それではと、iPurifier 2とiPurifierDC+電池駆動にしてみました。

iPurifier 2の電源線にはiPurifierDC相当のフィルターが入っていますので、この状態は電池電源に対してiPurifierDCを2回通した状態となります。

その音は、元々iPurifier2だけでも無音が静かで音粒のコントラストが上がっているのですが、その音粒の質が実に滑らかになり、アナログよりもアナログ的な滑らかさと繊細さを感じるようになりました。

また、高解像化で痩せ気味だった音が、パワフルになり、音粒の周りに聴こえて来るようになる微弱な余韻もより量が増えて、少しリッチな音にも感じます。

さらにもう一つ。

iPurifier DC+電池を、iPurifier2の下流に移動したパターンです。
(この飽くなき追求が師匠の強みなんでしょうね。)

この状態は、iPurifier 2の信号線のみと、電池+iPurifier DCによる電源の音を聴いていることになります。
さて、実際に聴いてみると、これがまた結構変わりました。

パワフル感は減って、ひたすら滑らかで繊細な音となりました。

これは、どちらがよいか意見が分かれるところで、音源や好みかもしれません。

いずれにしろ、最後の2パターンは、他の組み合わせを遥かに越えたところでの微妙な差ですので、どちらでも幸せな気分にはなれることでしょう。

比較試聴してのM氏の感想を訊くと、

「変に力が増したり、どこかの帯域がきわ立ったりするタイプのフィルターではなかったです。」
「生音にあるような、弾く前に音が見える感じが、スピーカーでも再現されるのが驚きでした。44.1kHz/16bitの限界はまだまだ先にありますね。」

音については、豊富な実験体験を基にいつも忌憚の無い意見をズバズバおっしゃるDACマイスターですが、iPurifier 2とiPurifier DCについては、ご満足いただけたようでした。

さて「iFi-Audio iPurifier 2」「iFi-Audio iPurifier DC」を試聴してみたい方はT-Loop試聴室をご利用ください。お問い合わせは、こちらのフォームから。
タイムドメインスピーカー各種で試聴できます。

また、詳細や購入希望の方は、「iFi-Audio iPurifier DC」「iFi-Audio iPurifier 2」のページをご覧ください。