BauXar Jupity 301のエージング試聴記

Jupity301

タイムドメインスピーカーでは、他のスピーカー同様にエージングと呼ばれる初期慣らしが必要です。スピーカーユニットは振動して音を出しますので、その機械的な慣らしの他、コーン紙自体の特性変化、アンプの初期変化、ケーブルの初期変化等様々な要因が考えられます。
これと言った定説は無いのですが、ただ実際に音が変わるということは感じることができます。

では、実際どのように変わるのか?

そこで、1年程T-Loop試聴室で使用したJupity301と、新品のJupity301の聴き比べをしてみました。

ボザール社のタイムドメインスピーカー Jupity301Jupity301は、クリアな高解像音と、広がる音場が特長です。その聴き比べは、さすがに同じ機種だけあって、微妙な違いとなりますので、T-Loop試聴室の静かな環境で行いました。

まずはこの音源。

ネイチャー・サウンド・ギャラリー 〜 知床・オホーツク

流氷に含まれる細かな泡が弾ける音は、新品のJupity301でも豊富な量を聴き取ることができます。

さすがは音像感に優れるJupity301だけあって、こういうハイスピードな高解像音は、新品でも1年鳴らしたJupity301でもあまり変わらないようです。

つぎはこの音源。

Jazz At The Pawnshop

ジャズライブハウスの音像は、新品のJupity301でもリアルに浮かび上がります。

しかし、1年鳴らしたJupity301の方は、全体的に音の伸びが良くなり、特に中低音が厚くなった感じ。
音にならないような現場の余韻や空気感が、飛び抜けてリアルになっています。
この音を聴いてから新品Jupity301を鳴らすと、音が硬い感じです。

やはり、Jupity301も1年間鳴らしたことによるエージング効果で、音が当初より大分良くなっていました。

タイムドメインスピーカーも、エージングで音が変わりますね。
特に、ハイレスポンスの高解像音が際立つJupity301とTIMEDOMAIN lightは、エージングにより全体の厚みが増して、特に中低音が伸びたように感じるようです。
BauXar Jupity301、TIMEDOMAIN lightをお持ちの方は、初見の低音で判断せずに、とにかく数ヶ月は鳴らしてみることですね。
きっと、見違えるような豊かな音で、圧倒的な情報量の空間に浸れると思います。

BauXar Jupity301の購入をご希望の場合は、こちらからどうぞ。