MEETSDSD256「テクノボーイズDSD256の軌跡」

先日、東京・中野で開催されたヘッドホン祭りで「MEETS DSD256」というイベントに参加してきました。

このイベントは、iFi-Audio micro iDSDのiFi-Audio ✕ Net Audio ✕ Get NAVI協催イベントです。GetNavi 5月号のDSD音源プレゼント企画で配信されたDSD256音源「ウィッチ☆アクティビティ 〜SAYAKA VER.〜」を製作したTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDさん(以下テクノボーイズさん)がその収録の様子をお話くださるということで、light A type Premiumで聴くとキレキレの演奏&ボーカルだった「ウィッチ☆アクティビティ 〜SAYAKA VER.〜」の製作過程に興味を持ち、参加した次第です。

主な内容については、philewebさんのニュースがよく整理して写真と共に掲載されています。

【ヘッドホン祭】iFI-AudioとTADでDSD 11.2MHz音源を体験するイベント – Phile-web

さて、今回のイベントの見所の一つは、DSD256収録のプロフェッショナルマシンであるPyramixシステムから直接再生する音が聴けること。正に、生データ直だしです。

再生は、TADの総額約1500万円というプリアンプ+パワーアンプ+スピーカーと、iFi-Audioのシステム(総額十数万円?でしょうか)が用意されていました。

まずは、司会進行役のライター野村ケンジ氏から、テクノボーイズさんを企画に巻き込む過程から収録時の様子まで、経緯の説明がありました。

DSDはあとから編集が出来ないとのことで、大量のアナログシンセサイザーを持ち込み、各パート毎に一発録りをしていったそうです。

その様子は、ほぼYMO(35年前)のレコーディング風景だったとか。
今どき、そんなにトラック使う収録はないようで、スタジオの卓の整備やトラック選択で苦労したなど、たくさんのエピソードを聞かせていただきました。

会場が小会議室と狭かったせいか、会場のスピーカーでは細かい音が潰れてよく聴こえませんでしたが、light A type Premiumで聴くと、そのパートの多さやアレンジがよく聴き取れます。これを曲の頭から最後まで1パートずつ収録とは、その苦労が計り知れません。

でも、それをやり切る技量と根性!

「テクノボーイスさんしかできない仕事」と、野村ケンジ氏がおっしゃっていた意味がよくわかりました。

会場では、第1作の「visible invisible」と今回の「ウィッチ☆アクティビティ」、最後に6月発売予定のアニメ『トリニティセブン』のエンディングテーマ「クリエイション・リクリエイション」を聴かせていただきました。

テクノボーイズの松井洋平氏がコメントされていましたが、1作目でDSDの音がわかった上での第2作目が、とびきりの出来だったことがよくわかりました。

ちなみに3曲目はPCM音源でしたが、松井氏が「PCMはDSDに比べて奥行きの無い音」とおっしゃっていたように、2曲目を聴いた直後のPCM音源はちょっと物足りない雰囲気が漂いました。

実はタイムドメインスピーカーで聴けば、PCM音源であっても奥行きも上下も再現されることがわかります。

ただ、DSD特有の微細な余韻や、奏者との距離感、部屋の広さ感が伝わる空間表現力の違いを言っているのだと思いました。

DSD音源の違いは、感じる人にはすぐわかるようです。DSDの音に対するアーティストの感じ方が、とても参考になりました。

今回の話を聞いてなるほどと思った事がたくさんありましたが、一方レコーディングはトラック毎に別撮りしてコテコテするものという先入観の呪縛から抜け出ていないようにも感じました。

どうせアナログシンセでやるなら、いっそのことライブ演奏体制を準備して、スタジオライブもしくはホールで一発収録すれば、今回ほどは負荷が増えないようにも思いました。
まあ、ライブで演奏可能なアレンジ範囲という制限は付いてしまいますが、ライブ感たっぷりのDSD音源なら、それはそれでファンが喜ぶんじゃないでしょうか。
いずれ「DSD音源はライブ感がある新しいメディア」という新たな価値感や流れになるのかもしれません。

先駆者は大変だと思いますが、このような試行錯誤を重ねて、DSD256収録がどんどん増えると、ようやくハイレゾ認知が進むように思います。

さて、「light A type Premium」や「iFi-Audio micro iDSD」のご試聴をご希望の方は、こちらのフォームからお問い合わせください。

なお、詳細は「light A type Premium」ページ、
「iFi-Audio micro iDSD」ページをご覧ください。

また、ご購入をご希望の方は、こちらからどうぞ。

新しいBSチャンネル「Dlife」が開局!

2012年3月17日(土)午後6時に新しいBSチャンネルが開局するのをご存知ですか?

それは、「Dlife」というチャンネル。
“D”はディズニーのDでディズニー系の新しいチャンネルです。
でも、なぜこれに注目するかというと、このチャンネルはずっと無料チャンネルとのこと。
そして、多くのテレビやレコーダーに内蔵されているデジタルBSチューナーで視聴可能で、気軽に見ることができるからです。

内容は、海外ドラマや洋画、ディズニーアニメ、バラエティ番組と多岐に渡っていますので、CS程専門的なチャンネルというわけではないようです。でも、海外ドラマ好きにはうれしい番組ラインナップとなっています。

そして、ディズニーのクオリティなら、映像も音もタイムドメインスピーカーで楽しめることは間違いないでしょう。

では、どうすれば見られるのか?

これが簡単なようでちょっと壁があります。
デジタルBSチューナーが内蔵されていれば誰でも視聴は可能なのですが、テレビのリモコンボタンで一発選局というわけには行きません。

まずテレビのリモコンでBS放送のいずれかを選択した後、リモコンの「番号入力」や「数字入力」などと書いてあるボタンをおしてから「2」「5」「8」「決定」と押して、直接chを指定することで映るはずです。
テレビの機種によっては、「番号入力」や「数字入力」ボタンがカバーを開けないと見えない所にあるものもありますので、普段開けないリモコンのカバーも一通り開けてさがしてみてください。

もし気に入った番組があって今後も見たいなら、使用頻度の低いチャンネルボタンに上書き登録すれば、チャンネルボタンで一発選局できるようになります。

なお、イトーヨーカドー系の店頭で専用リモコンを数量限定で無料配布するそうです。しかしリモコンが増えるのも煩わしいので、今あるリモコンのチャンネルボタンに登録する方にお勧めします。

さて、Dlifeの中で面白そうなのが、「Dlife CINEMA」。

開局した今月の特集は、ミュージック映画だそうです。
[Dlife CINEMA]
 3月17日 6:30PM ドリームガールズ
 3月18日 7:00PM ラブソングができるまで
 3月23日 7:00PM フラッシュダンス
 3月24日 2:00PM ダンス・レボリューション
 3月25日 7:00PM グリース
 3月30日 7:00PM リトル・ヴォイス

Dlife 映画番組一覧はこちら

音楽が中心の古い映画ですが、懐かしい映画がタイムドメインスピーカーでどのように聴こえるか、興味津々です。
タイムドメインスピーカーならステレオ音声さえあれば、奥行ある立体音で臨場感を楽しめますから、当時の印象よりも違った楽しみ方ができるのではと思います。

興味ある方は、是非試してみてください。

タイムドメインスピーカーをお持ちでない方は、こちらからどうぞ

巣鴨・SpaceNestミニライブ「STOUT! & 石田洋介」

今日、東京は巣鴨のイベントスペース「Space Nest」で開催されたミニライブに参加してきました。

出演は、アイリッシュ音楽をこよなく愛する“STOUT!”さんとシンガーソングライターの“石田洋介”さんです。
T-Loopとしては、開演前後や休憩時間の音楽演出としてTIMEDOMAIN Yoshii9lightを持ち込みました。

STOUT!さんは、アイリッシュボタンアコーディオン&ボーカルの寺岡佐和子とアコースティックギターの間宮工さんに加え、バイオリンの阿部美緒さんのトリオ構成で、アイリッシュ音楽テイストのオリジナル曲や歌、カバー曲を演奏されました。

アコーディオン&バイオリンが絡み合う演奏は、何とも言えない優しく安心感が広がる音色でした。それに、アコースティックギターが全体を引き立て、包まれるような演奏に聞き入ってしまいました。また、寺岡佐和子さんのボーカルは、可愛さと力強さを兼ね備え、聞き飽きない楽しい歌声が続きました。

石田洋介さんは、パワーのある歌声が特長。歌詞&作曲がすべてオリジナルで、心に響く歌声には多くのファンがいらっしゃいます。

約2時間のライブは、あっという間の楽しい時間となりました。

また、今回出演者のご快諾をいただき、自作のエノキダケマイク&iPhone 4Sでライブの録音テストをさせていただきました。

iPhone 4SにFOSTEX AR-4i
を取り付け、マイク部は自作のエノキダケマイクを使用してました。
収録は、iPhone 4SのiOS5標準カメラのムービー撮影と、Yudo社のRectools02を使用しています。RecTools02の方は、iPhone4&4Sには正式対応しておらず、画面が逆さまになったままだったり、ボタンの反応が悪いなどの問題もありますが、音声はステレオを認識して、録音することができました。

さて、収録の結果は如何に。。。

まず、カメラの動画機能の方では、マイクレベルが低めかと思っていたのですが、録画したものを再生すると、それ程小さくもなく、また音割れも無く、あっさりと問題なく撮れていました。
この調子なら、ツイキャスやUstreamのライブ中継も意外と簡単にできてしまうかもしれませんね。次の機会は必ず三脚を忘れずに用意しようと思います。

RecTools02の方は、レベル調整が上手くいかず、音割れ多数。
いくつかレベル低めで録ったものは、音割れなく録れていました。ピーク音量は若干低めですが、なかなかクリアに録れていました
やはり、モニター用のイヤフォンを忘れたのは痛手でした。今回の反省点です。

また、この「巣鴨・Space Nest」という会場は、席数20前後の会場でしたが、なかなか素直に響く会場で、一番後ろでも充分に音が行き渡りました。
特にアコースティック系には良いでしょうね。楽器の生音+歌声を若干PAで上げるだけで、会場中に行き渡ると思います。
パワーのある石田洋介さんの歌声では、PA無しでも行き渡るのではないかという感じ。
生演奏+Yoshii9による歌声PAというもの、ライブの新境地を拓けるかもしれません。

こんな経験をできて、本当にSTOUT!さん、石田洋介さん、SpaceNestさんに感謝です。

出演者及び会場についての情報は、こちらのブログ/ホームページをどうぞ。

石田洋介 > ブログ「石田洋介徒然」
STOUT! > STOUT!ホームページ
寺岡佐和子 > ブログ「徒然てらこ」
阿部美緒 > 阿部美緒 Official Web Site
SpaceNest > Cafe Nestホームページ
       【アクセスマップ】

地球ラジオ公開放送「音と香の森〜地球の恵みを感じて〜」

今日、東京は青山で開催されたジョー奥田さんの地球ラジオ公開放送に参加してきました。

「音と香の森〜地球の恵みを感じて〜」と銘打った今回の公開放送は、日本アロマ環境協会さんとのコラボ企画で、ジョー奥田さんのDVD「美しき神宮の森」の映像に合わせてアロマを焚いて、より深く楽しもうというものです。

このイベントにあたり日本アロマ環境協会の方が神宮の森を調査し、木の種類に合わせて、香りの種類を吟味されたとのこと。

もちろん、焚かれたアロマは木の香り

モミ、マツ、ケヤキの香りが別々に焚かれ、その香りが漂い混ざることで、森を歩いているような香空間を作っていました。

確かに、映像に香りが加わると、より映像の奥行感が加わるように思いました。なかなか良いリラックスタイムを楽しませていただきました。
なお、このDVD「美しき神宮の森」は明治神宮鎮座90周年を記念してつくられたもので、とても東京の真ん中とは思えない写真と音でゆったりとした癒しの時間を過ごせると思います。
購入/お問い合わせはこちらから

さて、続いては、ゲストコーナー。

地球ラジオではおなじみの面々がつぎからつぎへ6人も登場
小笠原諸島出身のOkeiちゃんからはじまり、Ao Aquaさん宮良牧子さんの島歌姫、ヨーガの先生池田幸子さん、ピアニストの宮野寛子さんと楽しい話が続きました。

そして、最後には渋滞で到着が遅れていたウォンウィンツァンさんが登場。
ウォンウィンツァンさんは、マスターが上がったばかりの吉野大地さんのアルバムを持って来て、急遽新曲初公開と相成りました。

最後に、ジョー奥田さんのDVD「美しき神宮の森」の後半を上映して終了。
19時迄の予定が30分超過しましたが、癒しと笑いと癒しの盛りだくさんで、あっという間の3時間半でした。
このゆるい感じが地球ラジオの良さでもあります。

そして、公開放送後の裏話。
ジョー奥田さんはこの公開放送をしらふで乗り切ったとのこと。
会場では満場の拍手に包まれました。(^_^;)
さすがに、場所が国連大学の1階とあって、飲みながらというわけには行かなかったようです。

そして、もう一つ裏話
もう感の利く方はおわかりかもしれませんが、「おとつぶ日記」なのに音の話が何も無い。

会場には、ずっと波の音が流れ、ときどきゲストの曲が同時に流れておりました。他の皆さんはそれなりに映像+香+音のコラボを楽しまれていたようです。
しかし、タイムドメインの音に慣れた耳では、平面的な音はちょっと聴き疲れ気味。
特に、いつも地球ラジオで流れる音をタイムドメインスピーカーで聴いていたので、その違いがはっきりわかってしまい、ちょっと残念でした。

今度は、是非Yoshii 9で聴いてみたいものです。
今日位の会場なら、Yoshii 9が一組有れば、十分な音空間が広がるでしょう。

映像+香+タイムドメイン音空間のコラボが実現すると、いいですね。